ガラス修理で断熱効果を得る

断熱対策が住宅にもたらす効果

夫婦

ガラス修理もしくはガラス交換によって断熱効果の窓ガラスにすれば、どのようなメリットがあるのかご存知でしょうか。ここでは、そのメリットについて紹介していきましょう。

耐熱ガラスに関する疑問

ガラス修理を行なう際に耐熱ガラスにするメリットってなんですか?
耐熱ガラスに変えるメリットとしては、夏は涼しく冬は暖かくという快適な家屋にしやすいということが挙げられます。それに伴い、温度差がなくなることで湿った空気による結露の発生を抑えることができ、カビの発生を減らせます。そして、湿度も下がるのでダニやノミといった虫の繁殖も減らすことができます。その結果、家屋に余計な負担を与えず家を長持ちさせることができます。このように、断熱効果を得るだけで様々なメリットが発生します。

断熱対策は窓ガラスから行なう

多くの人は、断熱対策として外壁やエアコンなどを重視し、窓ガラスを軽視する傾向が強いです。実は、断熱対策で1番重視しなければならないのが窓ガラスです。近年の建築物の断熱効果は、昔に比べて遥かに向上していますし、エアコンの機能も向上しました。しかし、現在最も多く使われている窓ガラスの性能は昔と殆ど変わっておらず、断熱効果はトタン板1枚程度の効果しかありません。そのため、必然的に熱は全て窓ガラスから入り、そして逃げていく割合が多くなってしまいます。つまり、断熱対策として窓ガラスを断熱効果のあるものに変えれば家の快適性は大きく変わり、なおかつエアコンや外壁を新調するよりも遥かに安く済ませることができるのです。

TOPボタン